リターナブルびんポータルサイト



リターナブルびんの市場解説

清涼飲料業界のリターナブルびんの取組み

容器別販売構成比(2008年)

容器別の生産量(販売量ではありません)

容器別販売構成比

リターナブルびんの販売実績

リターナブルびんの生産量(販売量ではありません)

リターナブルびんの販売実績

おもな販売市場

主にホテル、飲食店等の業務用市場

販売と空容器回収の仕組み

販売と空容器回収の仕組み

変遷の経緯

清涼飲料水の容器は、リターナブルびんが主流であったが、昭和50年ごろから缶容器を中心にワンウエイ容器の構成比が急増した。その背景には、国民経済の発展とともに消費者のライフスタイルの変化、流通構造の変化等の要因が考えられる。その後、ペット容器の利便性から、需要は缶からペットへとシフトし、現在の構成比は60%超となった。

新たな取組み

リターナブルサイダーびんの開発とその普及支援
エリア限定商品のRドロップスびんプロジェクトに生産者の立場で参画・協力

問い合わせ先

(社)全国清涼飲料工業会

TEL:03-3270-7300(代表)

FAX:03-3270-7306