リターナブルびんポータルサイト



リターナブルびんの市場解説

まちだRびんの普及・拡大を進める会


まちだRびんの普及・拡大を進める会の最新活動はこちら>>

団体紹介と活動概要

設立の背景

 

私たちは、“リターナブルびんの再使用に取り組む生協”の組合員として20年近くリターナブルびんを使う暮らしを実践し、その中でリサイクルよりもリユースが優先する「持続可能な社会」を作りたいと思ってきました。

会の設立

2008年6月

設立の経緯

  • 2005年6月に「町田市小山ヶ丘」に3度目の「廃プラスティック中間処理施設」の建設が計画され、市民の反対運動により計画は中止されました。
  • 私たちはこの問題に直面しプラスティックごみを考える活動の中で、2006年10月にごみの減量・再資源化の方策を検討する「ごみゼロ市民会議」に参加。そこで、リユースびんの回収システム(回収率のアップ、消費者と事業者による税金をつかわない回収など)や、市民へのリユースびんについての情報提供や啓発の提案、公共施設でのリユーびん飲料の優先販売などの提案をしました。
  • 2007年11月「ごみゼロ市民会議」が終了し、その後、市のリユースビンの普及・拡大を進める政策の受け皿の準備として市民会議のメンバーの有志で会を作りました。 

めざしていること

市民、特に若い世代にびんの優位性(安全性:保存性:食味:デザイン:ごみの削減:リサイクルコストや資源エネルギーの低減:CO2の削減などに貢献できる)ことを伝えていく

活動内容

2007年 ・びん再使用ネットワーク主催の「Rドロップス」「リターナブルびん普及」プロジェクトに参加。
   
2008年 ・「桜美林大学オープンカレッジ:環境特別講座」で活動をアピール。
  ・町田ごみフェスタ(来場者1万人以上の規模)に参加しアピール。
  ・桜美林大学の学園祭で環境サークル:エコレジ企画の市販のリユースびん入りの飲料水の実験販売に協力。
くだいてリサイクルより洗ってリユース
(クリックすると拡大します)
リユースびんは容器の中で一番環境にやさしい

連絡先

まちだRびんの普及・拡大を進める会
TEL:042-797-5887